安全管理体制

食品衛生指導

  • 拭き取り検査 3ヶ月に1度 ⇒ 衛生管理
  • 毎月の検便協力
  • 毎月の巡回指導(高得点者)
    商品衛生・食中毒・安全サービス 5点検
  • 今月の衛生チェック表と最終点検表の徹底
  • 整理・整頓・清掃・清潔・しつけ ⇒ 徹底者 5S推進

衛生管理体制

衛生管理は食事を提供するにあたり最も重要な部分であります。

愛知県は、食品衛生協会と協力し、安全な食品を提供するための「リスク管理」を行っているお店を認定する制度を設けました。「リスク管理」とは、これらの食品に含まれる危害をあらかじめ調査・検討しておき、そのリスクを管理することによってお客様への「健康被害」の発生を防ごうとするものです。
なお、「リスク管理優秀店」になるには、手順書と点検表の作成およびその記録が必要です。

クックサービスに於いては、下記のように考え実施致します。

  • 県の認定基準に基づいた、現場内の管理体制
    1. 冷凍・冷蔵庫温度管理点検表
    2. まな板・調理小道具消毒槽濃度チェック表
    3. 検便実施表
    4. 従業員チェックリスト
    5. 火の元・戸締まり点検表清掃実施状況表
    6. 清掃実施状況表
  • 現場内巡回指導及び拭き取り検査
    1. 本社管理スタッフによる巡回指導の徹底
    2. 指定専門業者による徹底した拭き取り検査を実施致します(年2回)
  • 全従業員の衛生教育を実施
    1. 最新の情報を基に、衛生教育を実施致します(従業員教育体制に明記)
    2. 従業員の交替時にも、責任者から徹底した教育を行い、漏れを無くします
  • 食中毒警報発令時の対応(48時間継続)
    1. 食中毒警報発令中のポップ掲示を行い、一時作業を中断し、全従業員に告知する
    2. 責任者はすべての調理作業・食材の再点検を行います
  • 緊急連絡網を作成し全従業員に周知徹底します

労務管理体制

  • 労働基準法を尊守し、専属社会保険労務労務士指導の下、労務管理をおこないます。
  • 事業所においては作業工程表を作成し、それに基づき作業の管理を行います。
    (作業工程は現場主体の改善により変更もあります)
  • 労働災害防止には現場内5S運動(整理・整頓・清掃・清潔・しつけ)を実施し、常に
    安全な作業を心がけます。

災害時の対応

  • 災害時及び食品事故発生時のために、緊急連絡網を提示し本社管理部の指示の下、迅速、確実な対応を致します。
  • 非常事態宣言発令時(地震・津波等)
    非常事態宣言発令時マニュアルを提示し、全従業員に周知徹底を致します。

安全管理体制